転勤が多い職種

銀行の行員の方は転勤が多いと言われています。

 

じつは銀行に限らず、金融機関というのは転勤が多く、中には市外や他県への転勤も多いそうです。

 

金融機関の場合、ひとところに長くとどまるとどうしても金銭を扱う職業上、不正が起こってしまった場合に見逃されやすいという性質があるため、どうしても転勤を繰り返して一つの営業所に留まらせないようにしているようです。

 

税務署や国税局の職員なども同じように一つの処に留まることで癒着の原因になってしまうために転勤が多いそうです。
大きな企業で全国に拠点があるような会社の場合にも転勤が多いケースがあります。商社勤務の人はとくに取引先との癒着を防ぐという意味で転勤がおおいとも言われています。

 

技術的なもので転勤が多いと言われているのは建設業界に勤めている人で、大規模はプロジェクトごとに転勤をしてそのプロジェクトに携わることになることが多いそうです。

 

その技術者が他のプロジェクトで必要になると、その現場に転勤になるというようになっているそうです。そのため、大手ゼネコンの現場監督などは半年ごとに転勤をしているという人もいるそうです。