引越しの繁忙期について

引越しには繁忙期があります。繁忙期は多くの人が引越し業者を利用しようとするので、どうしても料金が高くなります。

 

引越しの繁忙期と言えば、人の動きがもっとも活発になる3月、4月です。年度末から年度初めの時期は、会社の人事異動や新人の入社時期なので、日本中に、転勤や入社、卒業、入学などのために転居をする人があふれます。

 

また、8月から10月にかけては、学校や会社が夏休みの時期に入るので、引越しの繁忙期になります。この時期は、子どもの入学や人事異動が片付き、落ち着いた頃に、住み替えを検討する人が多いのです。

 

9月は多くの企業の上期末になるので、第二の人事異動のシーズンと言ってもよく、転勤のため新居に移動しなければならなくなる人が多くなる時期です。引越しの理由が、単なる住み替えなどの場合は、繁忙期を避け、閑散期に引越しをするのが賢明です。但し、別の時期に引越をしようと思っても、引越の理由が転勤の場合、会社命令なので時期を変更することは困難です。

 

また、進学や就職に際する引越しの場合、嫌でも繁忙期での引越になります。そうした場合は、引越の時期がコントロールできないので、曜日を変えたり、時間帯を配慮することで、引越代を節約できる可能性があります。